トップ

専門資格を生かした安心のサービス

機器の選び方や設置方法や料金などについてバランス等を総合的に考慮した提案をしています。

「公益社団法人 日本防犯設備協会」が認定を行う防犯設備士の資格を有し、防犯に関する専門的知識と共に常に新しい情報を取得し安心安全を提供しています。 (活動内容

防犯コンシェルジュの資格を有し、神奈川県警に委嘱し所轄の生活安全課と連携を取り他社の何処よりも地域の安心・安全を提供しています。(活動内容

特定非営利活動法人 日本防災士機構が認定する防災士の資格を取得し、防犯と防災の両面から状況を判断し専門的な立場から的確な情報を提供しています。

スピーディーな対応とアフターフォロー

地域密着だからこそできるスピーディーな対応と安心のアフターフォロー

弊社は地域に特化した事業展開をしているため、大手セキュリティ会社やホームセンター等では対応が難しいご要望でも、迅速かつきめ細やかな対応が可能です。

万が一の有事の際にはスピーディーに現地へ駆けつける素早い対応とアフターフォロー等の地域密着型サービスを提供しており、お客様にご好評を頂いています。

また、見積時にはお客様の要望を取り入れ、機器代金から施工・メンテナンス費までを提示。

工期短縮や移動コスト低減と合わせ施工費用をリーズナブルに提供し、地域の安心・安全確保の一翼を担っています。

設置事例

一戸建て住宅の防犯・監視ポイント

神奈川県防犯セキュリティ協会会員であるため、防犯機器については大手セキュリティ会社等と比べても遜色ない高品質防犯カメラを低価格でご自宅に導入できます。

また、ご自宅の環境に合わせた商品の選出ができるため、夜間でも鮮明な映像が撮影できたり、外出時でもスマホから確認できる等、多機能で使いやすいセットのご提案も可能となっております。

マンションの防犯・監視ポイント

マンションやアパートなどの集合住宅の場合、防犯カメラを必要な場所に適切に配置することで、住民の皆様の安心と安全を確保し、同時に資産としての価値も高めることにつながります。

駐車場や駐輪場の車上荒らしや車両の盗難、不正なゴミの投棄、廊下やエレベーターホールなどの人目の届きにくい死角に高機能なカメラを配置することで犯罪などの抑止つながり、あってはならない被害から遠ざけることができます。

空き巣被害状況

1、月別発生状況(平成27年・平成28年・平成29年)

2、警察署別発生状況(平成29年4月現在)

※資料は共に神奈川県警(空き巣発生状況)より引用

空き巣被害に対するニーズと解決方法

神奈川県相模原市の犯罪認知件数は、25年度:6829件、26年度:6530件(相模原市平成26年度版統計書参照)と減少はしていますが、高齢者や子ども等の弱者に対する犯罪は、依然多い状況です。

現状は粗暴犯や窃盗犯の抑止効果を目的とし企業や店舗が防犯カメラを設置していましたが、機器や施工代金が明確化されておらず、近年は個人宅への設備も増えて『防犯意識』の高まりは感じられますが、設置状況はまだまだです。

最近はホームセンター等でも簡単な防犯機器の取扱いも増えてはいますが、防犯設備は防犯知識を必要とし専門性が高く、施工内容も複雑な為、機能よりも抑止を目的とした商材が目につく様に思われます。

ニーズとして、外国人の雇用に伴う地域の転入等で生活文化の違いによるトラブルや犯罪に対する不安を抱えている為、防犯カメラの導入で安心した生活がおくれています。

子どもたちに対する犯罪防止の為、通学路等の監視する為にカメラでの監視と抑止効果を防犯意識はかなり向上しており、防犯対策が今後必須とされている状況です。